離婚協議書

2012年08月03日

離婚協議書

私が離婚を成功させた“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

離婚協議書とは、離婚をするときや離婚後の約束事を文章にしたもので、これをどのように作成するかで離婚の条件が決まってきます。

いわば、離婚の契約書のようなものでしょうか。

特に、相手に離婚原因がある場合や親権を取る場合には、後々のトラブルを避ける為にも、キチンと作成した方がよいでしょう。

実際に、離婚から数年後に、『「そんなことは決めていない。」、「そんな約束、忘れたから。」などと言われて、支払いが滞ってしまった、なんていう話を聞いたことがありませんか。exclamation&question

養育費などが代表的で、『金額が取り決められてから、わずか数回の振込のみで支払いがされなくなってしまった。』という話をよく耳にします。

事実、一度離婚することを決めたなら、「元パートナーへの出費をできる限り抑えたい。」、「いっそ支払いをやめてしまおう。」なんて心理が多くの人に働くでしょう。

この様なことが起こらないためにも、

(1)子供に関しての取り決め(親権、養育費、面会交渉権)

(2)精神的苦痛に対する取り決め(慰謝料や損害賠償金など)

(3)夫婦共有の持ち物に対する取り決め(財産分与)

最低限でもこの3つに関しては、必ず離婚協議書に絶対に書いて残しておく事をお勧めいたします。


離婚時の取り決めはキチンと文章に残しておかないと、後々のトラブルになることは目に見えていますし、取り決めをお互いに離婚後にも守って行くためには、離婚協議書をしっかり作成しておかなければなりませんね。

離婚協議書は今後数年にわたって有効な書類になるので、必ずご自身がわかる、絶対無くさない場所に保存しておきます。

特に養育費の受け取りは、離婚をする両親ではなく子供の権利です。

大切な子供を守るためにも、養育者で取り決めをしておきましょう。

私が離婚を成功させた“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)
posted by 協議離婚公子 at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。