性格の不一致での離婚

2012年08月16日

性格の不一致での離婚

私が離婚を成功させた“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)

協議離婚は、多くの人が取る方法ですが、一体どんな事が原因となっているのでしょうか。

離婚調停や、法廷まで持ち込んでの離婚となると、原因も暴力や浮気や借金など・・・文字通り泥沼な状態が多いのです。

勿論、協議離婚と一区切りに言っても、90%以上の人が選ぶのですから、原因もさまざまでしょう。

しかし、はっきりした理由が無く踏み切る事も多いのです。

■協議離婚で最も多い「性格の不一致」という原因

一般的にもっともシンプルな離婚方法であるため、曖昧な理由から離婚をする夫婦も少なくありません。

「毎日同じ繰り返しの生活で、主婦として夫のために尽くしては来ているけれど、生きた心地がしない・・・。」

「掃除に洗濯、育児に家事。毎日必死に家事をこなしているのに、夫は私の努力を顧みてくれない・・・。」

「専業主婦で自由がない生活を送っているのに、夫ばかり飲み会に外食、もうウンザリ・・・。」

こんな毎日同じ繰り返し、毎日淡々と続く生活、そして夫からも女として既にみられていない感覚から、離婚をしたいと考える女性は多いのですよね。もうやだ〜(悲しい顔)

こんな女性の嘆きからの離婚を、多くの場合では「性格の不一致」というように呼びます。

浮気や暴力が原因で、協議離婚に踏み切ったとしても、元をたどればこの「性格の不一致」が原因ではないでしょうか。

私の場合も、まさに「毎日の家事への感謝を持たない元夫のために働くことの疲労。」、「家事、妊娠中(育児)で自由のない生活の中、飲み会に遊び歩く元旦那にイライラ。」そんなことが、離婚の根源の理由です。

「なんとなく離婚をしたい。」そう訴えても、相手は納得してくれないことがあります。

この”曖昧”な「性格の不一致」という理由でも、深く掘り下げれば、気持ちが離れてしまった決定的な理由があるに違いません。

協議離婚で相手に”離婚”を説得するためにも、取り決めを有利に持っていくためにも、「なぜ離婚をしたいのか。」という事を、明確に説明できるように、気持ちをまとめることが大切です。exclamation×2

スムーズに進めるためにも、まずは『自分の協議離婚に踏み切る理由』を自分自身に問いただしましょう手(グー)

私が離婚を成功させた“本当の方法”はこちらぴかぴか(新しい)
posted by 協議離婚公子 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。